自動車保険の基礎知識

自動車保険一括見積もりサービスの仕組みとメリット/デメリット

更新日:

自動車保険一括見積もりサービスといえば「最安保険料」の損害保険会社を簡単に見つけられる優れものサービスとして有名ですが、実はデメリットもあるとか。

この記事では自動車保険一括見積もりサービスの仕組み、気になるメリットデメリットを説明します。

先に要点をまとめておきますのでお忙しい方はここだけでもオッケーです。

この記事を要約すると…

  • 自動車保険一括見積もりサービスは1回の入力で複数保険会社の見積もりを取得できる
  • 見積もりを依頼すると保険会社から次々に見積もりが届く
  • メリットは「安い保険料の保険会社がすぐ見つかる」
  • デメリットは「メールやハガキがたくさん来る」

それでは、詳しく説明しますので、お時間がある方は最後まで読み進めてくださいね。

自動車保険一括見積もりサービスの仕組み

自動車保険一括見積もりサービスとは、複数の自動車保険への見積もり依頼を代行してくれるサービスです。

通常、自動車保険の見積もりをするときは、個人情報や車の型式、年式、補償内容などの細かい情報を自分で1社ずつ入力しなければなりません。

1社あたりの所要時間は慣れると7〜8分なのですが、慣れないと10分以上かかることもありますし、見積もり結果をメモしたり印刷したりしないと忘れてしまうのでちょっと面倒なのです。

かといって自動車保険の保険料は少しでも安くしたいのが人情。そのジレンマを解決するのが自動車保険の一括見積もりサービスです。

一括見積もりサービスを利用すると、面倒な個人情報の入力は一回だけで何社もの見積もりを受け取ることができます。

一括見積もりサービスによって「メールでの見積もり」や「ハガキでも見積もり」を選ぶことができるので、じっくり金額を比べることが可能。ハガキにすれば、テーブルの上に並べて細かく金額や補償内容をチェックできますよね。

自動車保険の保険料を安くしたい方にぴったりのサービスです。

自動車保険一括見積もりサービスのメリット

まずはメリットを確認します。

保険料の底値をゲットできる

メリットはなんといっても、最安保険料を知ることができることです。

優秀な一括見積もりサービスを使えば、10社以上の見積もりを取り寄せることができるので、あなたにとっての「日本一コスパの良い自動車保険」を見つけることができます。

入力が1度で完了する

自動車保険の見積もりは、通常は1社あたり10分程度かかるので10社見積もれば2時間弱。

しかし一括見積もりサイトなら、数分の入力時間で複数社の見積もりをゲットできます。手間をかけずに最安自動車保険を探したい方にはぴったりです。

お得なキャンペーンがあるかも

一括見積もりサービスによっては、期間限定などのお得なキャンペーンを開催していることがあります。

お米やクオカードやポイントなど様々ですが、タイミングが合えば保険料プラスαの「お得」をゲットできるかもしれません。

※現在キャンペーン開催中の一括見積もりはこちらで紹介しています。

自動車保険一括見積もりサービスのデメリット

一括見積もりサービスのデメリットは、「メールorハガキがたくさん届くこと」です。

複数の保険会社に見積もりを依頼するので、当たり前ですが、見積もりの結果がたくさん届きます。

押し売りのような電話や勧誘は一切ないので安心ですが、メールがたくさん届いてびっくりした、という方もいるので、見積もり結果がメールやハガキで届くことはあらかじめ覚悟しておきましょう。

まとめ

自動車保険の一括見積もりサービスは「短時間の入力」で「複数の会社」の保険料見積もりが届く優秀なサービスです。

筆者が、各保険会社を1社ずつ個人情報を入力して、10社分の保険料を試算したときは、1時間40分もかかってしまいました。しかも、試算したのにメモを忘れたりして、思うように比較することもできず……。

そんな無駄な時間をかけたくない方は、一括見積もりサービスを利用すると良いでしょう。たくさんのメールやハガキが届くこと以外のデメリットはありませんので、気軽に利用してみてくださいね。

コスパの良い自動車保険

自動車保険一括見積もりすると、あなたのクルマにあった保険が見つかります。今だとコシヒカリなどが無料プレゼント!詳しくは当サイトTOPページへ。

-自動車保険の基礎知識

Copyright© 自動車保険一括見積もりプレゼントキャンペーン【2018年特典】 , 2018 All Rights Reserved.